【レトロ好き必見】市民憩いのトンニャット公園に行ったら予想以上に面白かった/ハノイ

ベトナム/生活

こんにちは、かき子(@kakiko_norakura)です!

私は今、ベトナムの首都・ハノイで働いているのですが、年末年始は長い連休を頂いてました。
そして今日は最終日。

といっても特に予定はなく、アパートの警備員さんとおしゃべりしていたら(Google翻訳を駆使)、

「痩せたいなら、運動しろ。近くに公園があるからそこでウォーキングするといい(意訳)」と言われました。
私痩せたいなんて言ったっけ…?体形を見て?

まあ、とりあえず行けと言われたら行かずにはいられない(素直)。
レッツゴートンニャット!

スポンサーリンク

湖の街・ハノイ

ハノイにはタイ湖やホアンキエム湖などくさんのがあります。
小さいものは湖というより池ですが、ハノイ市内を歩いていると本当にそこかしこにあることに驚きます。

地図で見ると一目瞭然。

トンニャット公園(地図下部)も、バイマウ湖(Hồ Bảy Mẫu)という湖の周りに造られたものです。

大気汚染がひどいハノイですが、警備員のおじさんいわく「湖があるから空気もいい」とのこと。「ハノイに空気がいいとこなんてあんのか?それは確かめるしかねえ!」という謎の心意気もあり、散歩&運動がてら行ってきました。

トンニャット公園(Công Viên Thống Nhất)

こちらが入り口。
新年の飾りつけが賑やかです。
お気づきでしょうが、いつもの通り空はどんよりしています。

公園入り口

ちなみに入り口から入ったところに受付?があって、入場料4,000VND払いました。
(おじさんは無料だって言ってたような…?ま、20円ぐらいだしいいか)と思いながら前を見ると、

素晴らしいですね。

ハノイの街自体、比較的緑が多いと思うのですが、バイクや車がないってなんて気持ちがいいのかと。
久しぶりにマスクを外して外を歩きました。

ジョギングしている人も結構います。

レトロ好きにはたまらない遊具やオブジェ

歩いていくと、普通の公園にはないようなものがたくさんありました。

後ろの遊具もさることながら、この白い物体たちが気になります。
精巧に作られたフィギュアといったところでしょうか。
後ろのお兄さんが一生懸命色塗りに励んでいます。

日本の夏祭りでよく見かけるやつ。

こんなところにも国旗が。

ベトナム語でCông Viên(公園)という言葉は公園だけじゃなくて遊園地も含む、ということを最近習ったばっかりなのでハッと気づきました。ここ、公園というより遊園地かも。
だから入場料もかかったのね。

近所に住んでいて休日に子供を連れてくるにはきっとちょうどいい場所ですね。

なんかなつかしい気持ちになる。

そして、何より目を引きつけられたのは遊具や壁画、オブジェのレトロさ

この色のはがれ具合。
何を持っているの?
仲良しだね。
顔がちょっと怖いところがいい。

何だか日本にはあまりないような、シュールでちょっとなつかしい作品たち。
ほとんどのものがまあまあ古くてはがれているのが逆にいい味出してます。

突然現れた動物たち

と、不思議な写真を撮りながら歩いていると、さらに想像の斜め上を行くものが…。







でっかいネズミだ!

そしてそれに続く動物たち。




これは、
十二支!!

そう、ベトナムにも干支があるんですよね!

物自体は割と新しそうなのですが、ここだけ誰もおらず土嚢?も所々に置いてあって、寂しい雰囲気でした…。

ちなみに、 ベトナムの十二支で特徴的なのがこちら。

日本では仲間外れにされている猫ちゃんがいます。
聞いたことはあったのですが、実際目にするとちょっと嬉しい。

なんだかこの公園内でこの十二支のオブジェが一番心に残りました…。

いよいよ湖へ

さて、前置きが長くなりましたがいよいよこの公園のメイン、バイマウ湖 です。

空のどんより具合がすごい。

いやもう、これはもう仕方ないです。
季節もあると思いますが、ハノイで青空が見られる日はめったにありません…。

釣りをしている人が多かったです。

まあ、お世辞にも綺麗とは言えなさそうですが…。
でも魚は割と泳いでいました。

少し歩くとこのような橋が。

橋で湖の中の島と繋がっているんですね。(地図左下)

この島の真ん中には広場があって、子どもたちが遊んだりおばあちゃんたちがお喋りしたり。

頭の笠がベトナムらしいです。

そして広場の中心にはこちらの像が。

「 BÁC HỒ BÁC TÔN」、直訳すれば「ホーおじさん トンおじさん」。
ホーおじさんとはベトナム建国の父でホーチミン市の名前にもなったホー・チ・ミン、トンおじさんとは南北ベトナムが統一されたあとの初代国家主席トン・ドゥック・タンらしいです。

ベトナムの歴史に全然詳しくないですが、ハノイにはこういう像などが多いので、見るたびに勉強しなきゃなと思います…。

意外に楽しめた市民憩いの場

というわけで、今回はハノイにあるトンニャット公園を紹介しました。
散歩&ウォーキング目的で行ったのですが、想像と違うところで楽しめちゃいました。
公園内は広く、写真を撮りながらだったのもあるのですが一周するのに1時間半ぐらいかかったような気がします。
ウォーキングの目標も果たせました(笑)。

さて、明日から仕事です。正月ボケ(正月らしいことしてないけど)しないように頑張ります~。
ではまた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました