台湾朝ごはんのイロハ。あなたの好きなメニューは?

台湾/食

こんにちは、かき子 (@kakiko_norakura) です!

「台湾でおすすめの食べ物はある?」
そう聞かれて私が一番に答えるのは、小籠包でもマンゴーかき氷でもなく、

かき子
かき子

朝ごはん!

そう、台湾は何と言っても朝ごはんがおいしい国。
昼食や夕食をお腹いっぱい食べたのに、朝ごはんを食べないなんてもったいない。

台湾在住歴1年+年2回は台湾に行くリピーターの筆者が、台湾朝ごはんを紹介します!

 

スポンサーリンク

台湾式「朝ごはんは〇〇で食べる!」

台湾の朝ごはんを紹介する前に、まず日本の朝ごはんを振り返ってみましょう。
あなたは今日どこで朝ごはんを食べましたか?
ほとんどの人が「家」と答えたと思います。

ここが日本と台湾で違う一番のポイント!
台湾人は、家を出て学校や会社に向かう途中で朝ごはんを買います。
つまり台湾では、朝食は外で食べるものなのです。

朝食に限らず外食文化が強い台湾。忙しい朝にパパっと買って食べられる朝ごはん屋は、一度体験したら日本にも欲しい!と思っちゃいます。

 

台湾朝ごはんのメニュー

日本では「朝ごはん」と聞いてまず思い浮かぶのは、ご飯に味噌汁、卵焼き、納豆などの和風のもの。もしくは、トーストにコーヒー、ハムやサラダといった洋風のものですよね。

それでは台湾の朝ごはんにはどんなものがあるのか、見ていきましょう。

蛋餅(dàn bǐng、ダンピン)

まずは筆者的”台湾朝ごはんの代名詞”な蛋餅(ダンピン)
漢字の見た目から「虫が入ってるの!?」とびっくりしたあなたは大間違い。(私です)
実は中国語で「蛋(dàn)」は。蛋餅とはすなわち、卵クレープのことなんです。

この蛋餅、シンプルながら絶対に外さないおいしさ!私の周りの日本人も、「好きな台湾料理」に蛋餅を挙げる人が多いです。

たぶん豚肉+チーズ
ハム(持ち帰り)

注文時にツナ、ハム、チーズ、コーンなどのトッピングを選び、自分でソースをかけます。
お店によってサクサク、ふわふわと食感が違うのもおもしろい♪

豆漿(dòu jiāng、ドウジャン)

続いて、こちらも台湾朝ごはんに欠かせないメニュー、豆漿(豆乳)です!
日本でよく飲まれているのは甘い豆乳ですが、台湾では塩味をきかせた豆乳もポピュラー。

上が 甜豆漿(tián dòu jiāng、ティエンドウジャン)=甘い豆乳
下が 鹹豆漿(xián dòu jiāng、シェンドウジャン)=しょっぱい豆乳

鹹豆漿には写真のように、ネギや油条(yóu tiáo、ヨウティアオ)※がのっていることが多いです。(写真ではネギが少ないですが…)
※ 油条(yóu tiáo、ヨウティアオ)=揚げパン

そして、だいたい冰(bīng)、溫(wēn)、熱(rè)の三種類から温度が選べます。
ドリンクスタンドなどでもそうですが、味や温度が細かく選べるのが台湾ならでは。

小籠包 (xiǎo lóng bāo)

台湾といえばの小籠包も、なんと朝ごはん屋さんで食べることができるんです!

しかも、朝ごはん屋の小籠包はかなりお手頃。上のお店では十個で60元(約210円)、一般的な小籠包屋さんの半分~1/3の値段で食べられちゃいます!
かといってチープな味ではなく、温かい肉汁と薄くてモチモチした皮はそのまま。朝ごはんからちょっと豪華にしたい時におすすめです。

ただし、他のメニューに比べて扱っているお店は少なめ。
お店の人に「有小籠包嗎?(yǒu xiǎo lóng bāo ma?)」と聞いてみてください。

おすすめ朝ごはん屋さん

MRT「台北101」駅から徒歩6分の「家香豆漿店」。
日本人向けの特集記事でもあまり取り上げられていない穴場です。
とはいえ店内は、ローカルのお客さんでいっぱい。

このお店でぜひ食べてほしいのが小籠包!!朝ごはんとは思えないクオリティーにびっくりするはず。

家香豆漿店
住所:110台北市信義區吳興街129號
6:00~11:00 (平日) 6:00~12:00 (土日)

あなたのお気に入りは?

今回ご紹介したメニュー以外にも、まだまだたくさーーーんあるのが台湾朝ごはん。
ぜひお気に入りのお店&メニューを見つけてみては?

コメント

タイトルとURLをコピーしました