ベトナム語学習、最初にしたこと

ベトナム語

こんにちは、かき子(@kakiko_norakura)です!

ベトナム・ハノイに来て1ヶ月半が経ちましたが、最近やっとベトナム語教室に通い始めました。

もともと本格的にベトナム語の勉強はしたことがなかったのですが、少しだけ準備をしていたおかげでわりとすんなり学習に入れていると思います。
今回は、私がやった事前準備について書いていこうと思います。

これから「海外に赴任するけど、現地の言葉は勉強するべき?」という方、「外国語の勉強を始めたいけど何からしたらいいかわからない」という方の参考になればと思います!

スポンサーリンク

そもそも現地語は必要?

ベトナムに住むよー、と日本の知り合いに伝えたとき、ほとんどの人に聞かれたのが「ベトナム語できるの?」。
できません(笑)。

ベトナムで仕事をしている日本人はたくさんいますが、ベトナム語能力が求められる仕事とそうではない仕事があります。私の場合は後者です。
仕事でも日本人や日本語ができるベトナム人と接することが多いので、ベトナム語ができなくても十分やっていけるんですね。

とはいえ、せっかく海外に住んでいるなら多少話せた方が便利だし、現地の人達との交流もできるので、私は断然現地語を学びたいです!

事前にやっていたこと

ベトナムに行くことが決まってから、ちょっとだけ準備していたことを紹介します。

1.ベトナム語の動画を見てみる

そもそも、ベトナムに来るまでベトナム語という言語を聞いたことがほとんどありませんでした。
どんな音なのか想像もつかない言語を学習するのは難しいですよね。
だからまず、You Tube でベトナムのニュースやバラエティ番組、歌なんかを聞き流しました。
ポイントは、語学用ではなく、ネイティブ向けの普通のスピードの動画を見ることです。

もちろん意味は全くわかりませんが、リズムというか雰囲気はわかるようになりました。
そして、発音がめちゃくちゃ難しそうというのもわかりました…。

音声だけでもいいのですが、映像を見るとその国の人達の顔つきや服装、雰囲気もわかります。

ちなみに興味があれば他の言語とも聞き比べてみると面白いです。
私はタイ語やミャンマー語など、他の声調言語を聞き比べてみました。
最初はどれが何語か全然わかりませんでしたが、しばらく聞いていたらそれぞれの言葉の特徴がわかり、判別できるようになってきました。
聞いてその言語だとわかる」というのは語学の第一歩かも。

2. 食べ物の名前を覚える

これは、私がベトナム赴任前に一番楽しみにしてたのが食べ物だったからです(笑)。
『地球の歩き方』に細かく食材や調理法が載っているので、とりあえず目は通しておきました。

ただ、もちろん細かくは覚えていなくて、ベトナムに来る前に知っていた単語は「鶏」「牛」「野菜」「魚」「水」ぐらいです。でもベトナムに来てメニューなどでこれらの言葉を見ると”知ってる!”と嬉しくなりますし、勉強のモチベーションにもなります。

食べ物でなくても、自分の好きなジャンルの言葉なら、自然と覚えられると思います。

どこでもできる事前準備

以上、私がベトナムに来る前にやっていたベトナム語学習の事前準備を紹介しました。
意外と簡単じゃないでしょうか?

大切だと思うのは二つ。

一つ目は、 小さなことから始めること
「今週で100単語覚えるぞ!」など気負っても、続けるのは難しいですよね…。
私も何度もそんな失敗をしました(泣)。
特に、仕事などで必要というのでもないなら、現地に着くまでに挨拶ができるようになっておけばOKだと思います。
余裕があれば興味のあるジャンルの言葉、さらに余裕があれば数字(1から10まで)…という風に、少しずつ言えることを増やしていきましょう。
少しでも言える言葉があるのとゼロとでは全く違います。

二つ目は、音声から学ぶということ。
どれだけ単語や文法、文字を知っていても、音がわからなければ会話はできません。
本単体よりはCDも、インターネットのサイトよりは動画、というように、できるだけ「音を聞く」ことを心がけるといいと思います。

今回紹介したことは、インターネットや本があればどこでもできます。
いきなり勉強を始めるより、まずは軽~くやってみるのがおすすめです。

では!

コメント

タイトルとURLをコピーしました